自家製酵母で抹茶メロンパン、ベーグル、チャバタ

<12月自家製酵母クラス>
12月のラストレッスンとなりました。
正確にいうと正規JDLのラストレッスンでもありました。

作ったものは3種類。抹茶メロンパン、ベーグル、チャバタ。
ベーグルが美人さんにできました。褒めていただきましたよ。
みんなでモデルのベーグルの写真も撮りました。
つやぴかで形も綺麗に。美しかった。
そんなベーグルをJDL最後のレッスンで作ることができて良かったなと思います。
f0329586_19401023.jpg
パンで伝えなければいけないことは伝えきれたのか。
計り知れないパンの魅力を伝えることができたのか。
そういう自問自答は常日頃あるものの、こうしてJDLの積み重ねから得たものを考えると
少なくても来ていただいていた生徒様には伝えてこれたんじゃないかなと思っています。
f0329586_19431886.jpg
パンって美味しい、それだけじゃないんですよ。
このパンを作れるようになることで、ご家庭に、友達に、そして知り合いに、食べてもらえる機会があればあるほど幸福度を上げるということ。
満足するということ。
幸せを運ぶということ。
ささやかではあるけれど、美味しいってすごいんです。

f0329586_19445019.jpg
ランチを5000食以上作って完走した気持ち。
すごい数の提供ができたのも皆様のおかげです。
作るということ。
それは食べて頂ける方がいるからできる、できたということだと思っています。
美味しいという言葉が励みになり、美味しかったという言葉がまた嬉しい毎日だということを改めて。

平成が終わるというこのタイミングに、自分自身の整理整頓もしているように思います。
総まとめ。
10年前ぐらいにテレビに出演した時に、しめの質問として「あなたにとってパンって何なのか。」聞かれたことがありました。
最近生徒様にも何人かに話したけれど。
アドリブで答えなければいけなかったあの時。
そしてしめの質問だからカットはないというそのタイミングのこの質問に、
回答した言葉が
「私にとってパンは希望です。」
と、突拍子のない言葉を発したことで、一瞬の間と笑いまで起きそうだったこの言葉。
今考えたらあながち間違っていなかったかなと思っています。真面目に。

私にとってまだまだ未来あるものがパンであり、パンに詰め込んだ夢や未来が沢山で、
希望が見えているというそういうことだったのかもしれないです。

フラッシュバックじゃないですが、10年前の私は10年間をパンで埋め尽くしたかった。
そういう予感だったのかもしれませんね。

●京の一言●
またまた熱い。まだまだ熱く・・・。


by kyogg | 2018-12-22 19:55 | Comments(0)
<< クリスマスパーティー【我が家編】 自家製酵母でプレーンベーグル、... >>