あこ天然酵母でじゃがベーコン

<12月あこ酵母スタイルクラス>
12月のあこ酵母スタイルクラスが全日終了しました。
じゃがベーコン、沢山作りましたね。

この「じゃがベーコン」、想像に想像を重ねて、フィリングのレパートリーを沢山紹介させていただきました。
私の得意技です。
想像を形にするということ。
そして美味しいだろうというものを考えるということ。
f0329586_19140986.jpg
最初は自分だけで美味しいを形にしていたので、自分の味覚と家族の声が頼りでした。
自分の味覚を信じて、そしてパンというふんわりしている発酵の過程を経て、私なりに美味しいものを生み出してきた。
JDLの生徒様は皆様このオリジナルのレシピに共感してくださり、この作り方で、やり方で、味を求めて
来てくださり、伝授してこれたんじゃないかなと思っています。

どんどんと私もオリジナルレシピの考案が、一般的に広く気に入られるものへと寄り添うようになり、
そして今があると思っています。
今までのレシピ、どれも愛着があるのですが、このレシピを後世に継ぐためにも私だけで終わらせないように
したいなぁというのが今の思いです。

2代目を鍛えなきゃ。
f0329586_19142819.jpg
さて、話は熱く反れたのですが、じゃがベーコンを翌日にはトーストしてみてください。
薄皮の美味しいこと。
かりっとしますよ。中はしっとり。
二度美味しいパンとなり、このパンのレッスンをやってよかったなぁとしんみりしているところですよ。
レパートリー広く、絶対楽しいパン。
作ってくださいね。
f0329586_19145207.jpg
北海道の廻りみちというパン屋さんから取り寄せをしました。
送っていただいたパン5種類。
封を開けた瞬間に香ってくる香ばしさ。触った瞬間に、自分の持っている道具では焼けない家庭では真似できない焼き方にまず感動。
触っただけでわかるその感じ。
薄皮なのにボディが焦げ色強いハード系。
高温短時間焼きの象徴。
高温と言っても超高温。
みずみずしいそのクラムに、粗い生地質に、本当に感激しました。
粉の味が強くて、久しぶりに美味しい、真似できない焼き方と思ったのでした。
凄かったなぁ。
すごいしか言わなかった。
4種類は食べたので、比べたりもしましたがどれも全然違う焼き方で。
生地質も全然違うし、本当に感動でした。一つ一つの製作者の意図がはっきりわかるような、そんな気がしましたね~。

●京の一言●
ただただ感動。


by kyogg | 2018-12-22 19:20 | JDLレッスン | Comments(0)
<< あこ天然酵母でじゃがベーコン あこ天然酵母でじゃがベーコン&... >>