バーミキュラでビーフシチューとあこベーグル

一昨日、テレビで観たバーミキュラに妙に感動。そして宝の持ち腐れだなぁと反省。
毎日のように使っているバーミキュラではあるのだけど、私は何をやっていたのだ~という気分になったのです。
鍋大好きで、ストォブもバーミキュラも、ルクルーゼもどんどん増えていき。(笑)
うちに来ている方はわかるはずですが、鍋おたくなんですよね。

そして盛り上がったところで(笑)、昨日はバーミキュラで基本の使い方。
お野菜からたっぷり甘みと水分をだして無水調理をしました。
野菜とローリエだけで1時間煮込んで、そのあとに味をつけます。
トマト系にするか、ビーフシチューにするか家族に聞いたところ、ビーフシチューに。
ベーグルを横スライスのトースト、バターのせ(ネーミングみたい)でビーフシチューと共に食べました。うまうま。
f0329586_15415245.jpg

ベーグルは楽しいし、美味しいし、かわいい。満足度高いですね。
f0329586_15430743.jpg
お野菜は玉ねぎが一番下にしておけば安心。
焦げることもないし、たっぷり綺麗に水分が出ます。
キャベツ、白菜でも大丈夫かな。
f0329586_00271712.jpg
上に鶏肉がのっているのであまり野菜が見えませんが、水分はすべて野菜からの水分。
いつも圧力鍋で作るので煮込み料理は15分もあれば野菜カットから圧力で火を通すところまでできちゃうので時短料理。

反対にバーミキュラはじっくりコトコト系。
弱火で低温調理がやはり得意。
バーミキュラの回し者みたいになってきましたが(笑)、ライスポットがあれば
野菜カットしてボタンぽちで済むので1時間の煮込みもさほど気にはならない時間。
1時間煮込んで後から味を付けます。
味を付けたら10分ぐらい煮込む。そしてそのまま余熱で放置するともっと良い。

こんな感じでできますが、できあがりは色々違います。
圧力鍋は野菜がびっくりするぐらいに柔らかくなりますが、バーミキュラは柔らかすぎることはありません。どちらかというとじゃがいもや人参など形はしっかりしていますが火はとおっていて低温調理のゆっくりことことの感じがします。
息子はこの柔らかすぎないお野菜達が好きらしい。

それからバーミキュラは肉類の柔らかさがすごいです。お肉も鶏も。
魚は良い感じの火加減で柔らかくできます。決して固くならない。でもどちらかといえばお肉類の方がしっくり。
(完全にバーミキュラの回し者でした。)(笑)

まだまだ無限大。
f0329586_15411315.jpg
「これ、うまっ」
生活スタイルをちょっと変えればもっと利用する機会が増えそうです。
f0329586_15461992.jpg
バーミキュラの宣伝おしまい。(笑)
あと言いたかったことはベーグル美味しかった。(笑)



第2回プラチナブロガーコンテスト
パン・スイーツ部門に応募します


[PR]
by kyogg | 2018-02-03 15:49 | パン作り | Comments(0)
<< あこのバゲット 確め焼き >>