「ほっ」と。キャンペーン

夏休み終了で、明日からレッスン開始!!

いやいや、お久しぶりになります!!
夏休みに突入して、珍しいことに少しダウン。
どこでも寝る!という日々が続きました。玄関でも寝たし。(笑)
すっかり休息もとり、リフレッシュ。
体力も充電満タン。

この夏休み、地味な作業をたくさんしました。
家事も含め、家的な補修やら、片付けやら・・・。
道具の整理、パソコンの効率化などなど。
休みじゃないとできないことをたっくさんやりました。
家の中の片付けが始まると、尋常じゃないぐらいひっぱりだしてきたり
収納棚の位置や使いやすいように場所を変えるのもすごく好き。
そして、この片付けが私の元気な証拠だったりもします。

「始まった始まった!!」
的な・・・。

夏休み唯一行ったパン屋さんは、東京・巣鴨にあるパン屋2軒。
地元に住んでいてもなかなか用事のない巣鴨ですが、近くを通ったので寄ってみました。
聞くからに昔からの下町です。
パン屋さんも調べると長くからあるパン屋さんばかり。

「ブーランジェリートースト」
f0329586_13285010.jpg
f0329586_13290252.jpg
ブーランジェリートーストは自家製酵母のパンもおいてありました。
はるゆたか100%の食パンがあったので、試しに。
生地は今時なもっちりした感じもあるのですが、とにかく味付けがシンプル。
素朴だな~という印象。
一番人気が超ロングソーセージ。長すぎだよ。
持って帰るのにかなり飛び出るよね~と思い、前日のスライスしてある袋詰めを購入。
さくさくなバゲット生地に塩気の良いソーセージ。
軽い印象で美味しかったです。

「アルル」
f0329586_13291798.jpg
f0329586_13292439.jpg

自然派のパン屋さん。あこ酵母やホシノの取り扱いもありで、興味深々。
炊飯器が二つ置いてあって、一つにはカレー。もう一つには玄米が入っていて、
セルフで買えるようになっていました。あとナンもあった。
パン屋でなかなかない販売スタイル。
食パンはあこを購入したのですが、これまた素朴。
栃木さんの粉を使っているといい、がりっでもぱりっでもさくっでもなく、
ぱきぱきしているっていう表現が私の中の食感。
不思議なんですよ。
しっかり皮もあるのですが、ぱきっとしていて。
味はありました。

どちらのパン屋さんも一見技術も古い感じなのかな?と思いながらも、
でも新しい製法やら食感、味付けもしっかり取り入れていて、今までにはあまりない2軒でした。
なんだか勉強になったな~。

私の中では
古いパン屋さんは古い手口。
新しいパン屋さんは新しい技術。
技術者のいる最先端ブーランジェリーはとにかく斬新で。

そんな位置づけにもない巣鴨のパン屋さん。新鮮でした。
楽しかったな~。

さて、また明日から9月のレッスン開始です。
皆様からは地味すぎてわからない見た目には変化ない我が家でお待ちしております!!



[PR]
by kyogg | 2014-09-02 13:42 | JDL | Comments(0)
<< 9月基礎クラス 7月あこ酵母クラス >>